MCoRo Marketing Communication

データドリブンCRM

オロのデータドリブンCRMでは、様々な行動ログや顧客属性情報を活用し、顧客LTVの最大化を図ります。LTVの構造を分析し、各指標に分解した上で、それぞれのKPIをダイレクトに向上させるための改善サイクルを構築・運用します。

KPIを向上させる施策実施・分析サイクル

LTVにつながる各KPIを向上するために、施策実施・分析を繰り返しながら戦略を精緻化していきます。 顧客データ分析・仮説構築・施策実施・効果測定のサイクルで効果のある施策を可視化。再現性のある施策運用により、着実にKPIを向上させます。

KPIを向上させる施策実施・分析サイクル

施策カテゴリ別に効果を分析し、成功要因をノウハウ化

実施した施策をセグメント・チャネル・訴求内容・インセンティブ内容等の構成要素に分解、各組み合わせにおける施策効果を蓄積し、施策の成功要因を分析。 効果的なシナリオを構築し実施内容をノウハウ化します。継続的な施策成功率の向上により、勝ち続けるCRMを実現します。

施策カテゴリ別に効果を分析し、成功要因をノウハウ化

TEST/Controlで、施策のリアルな効果を測定。

施策実施の際には、対象ユーザーを均質性の高いTEST/Control群に分割。 TEST群にのみ施策を行うことで、施策によるリフトアップ効果を精緻に測定します。時期・天候等によるニーズの上下を除外した、施策単体の効果を数値化することで、施策の継続/改善/停止などの判断を正しく行います。

TEST/Controlで、施策のリアルな効果を測定。

効果のある施策を自動化し、ブラッシュアップ

TEST/Controlによる効果測定で、リフト効果があると判定されたものは、MAツール等を用いて自動化します。 自動化後はTEST/Controlではなく、対象となったユーザー全員に施策実施する事で効果を最大化していきます。 自動化後も対象セグメントをより詳細な条件に分解し、個別施策を実施。自動化群との比較により精緻なセグメント別配信を構築します。 また、各クリエイティブについてもA/Bテストを行うことで継続的に効果を改善。 成功率の高さを維持しながら、より各ユーザーのシチュエーションに合致したコミュニケーションを実現します。

効果のある施策を自動化し、ブラッシュアップ

データ整備も同時に支援

データドリブンCRMを実現する上では、既存顧客との関係がデータ化されている環境が必須です。 これまでの経験から、完全にデータ環境が整備されている企業から、いまだ整備が追いついていない企業まで、データ環境の整備状況は企業によって異なります。 オロのCRMでは、プロジェクト開始時にデータの整備状況について確認し、CRMに活用できるデータについて把握します。 既存データにおけるベストプラクティスだけでなく、より精緻なCRMを行うために必要なデータの整理や、データ収集・分析の方針についてもコンサルティングを行います。

データ整備も同時に支援

各分野のスペシャリストによる体制構築

戦略策定・データ分析・チャネル設計・クリエイティブの専門家がビジネス目的を共有し、伴走型プロジェクトで継続的改善を実現します。

各分野のスペシャリストによる体制構築

提供サービスに関するご相談·お見積りなど、
お気軽にお問い合わせください。